日西指圧学院卒業式 2021 7月4日

日西指圧学院卒業式 2021 7月4日

引き続き7月4日同ホテルのサロンで、日西指圧学院の卒業式が開催されました。この寺子屋から出て行った指圧師が、今では、結構の数ヨーロッパの国々で活躍しています。しかし、まだまだ数か国の国を除いて、指圧が厚生省に認められていません。

その中において、厚生省に認められ、保護された理学療法士(医者、看護婦、理学療法士の三団体が厚生省より認められています。)と商売上競り合うのですから、相当なレベルを持たない限り、生き残れません。こんなこともあり、私たちは、常に実践を伝授してきました。

湾曲過多による腰痛症(椎間板ヘルニア)、クリスタルといわれる西洋人のきゃしゃな首。その首を痛めつけるスマートフォン症候群、電磁波による精神的疾患。

現代を生きる私たちは、便利さを追求するあまり、体にストレスを極端に貯めて、精神的疾患や癌や難病といわれる実は、私たちが作り出した病に悩まされています。

子供たちが、スマフォで遊ぶのを容認する親御さん。これなんかは、既に麻痺して当たり前になりつつあります。

Aze shiatsu
aze shiatsu

癌が二人に一人の割合と医者がいけシャーシャーというと、今は驚くことも忘れてしまった現代人。
コカコーラを公の放送で宣伝、今でも健康飲料と錯覚して飲み続ける国民。
薬も道具も使用しないで、手技で自然治癒力をよみがえらせる私たちを薬業界は、屁とも思っていない現実。しかしこんな現実を実感しつつ、この寺子屋を卒業した同志は、患者に寄り添い、汗水流し、患者様の笑顔を求めて頑張っています。

武漢ウイリスが、猛威を振るって早1年半、まだまだ終息の兆しが見えません。人々は、偽情報のための不安、先行きの不安、そして未来が見えないために、足元が定まりません。いくらポパイのような強い人でも、いな強い人ほど、精神的ストレスのためにより不安定になり、落ち込む人が増えています。この症状は、薬では解決しません。母心の親指の一押しが、心を癒してくれます。寺子屋を去ってゆく卒業生に一言、いい仕事だよとささやきかけました。

卒業生はみんな、40代後半のおじさんおばさん、その人たちが、感極まり涙をためてくれた時に、いい仕事をしていると自分をほめてやりたい気分になりました。

またまた、大判振る舞いの2日間のイベント、案の定、大赤字で終了。
嫁さんがいい加減にしてよと、いいたそうな後ろ姿を見た時は、さすがにうなだれる自分なのでした。

マドリッド    小野田茂